2019年06月23日

SYOSマウスピース(Chad LBモデル)を買ってみました

SYOS(Shape Your Own Sound)というフランスのカスタムマウスピースメーカーがあります。3Dプリンタにより、プレイヤーの好みに応じたマウスピースを作れるのが売りです。万一、気に入らない場合は一度だけ微調整したバージョンを送ってくれます(元のマウスピースは後で返送する必要あり)。それ以外にも特定のプロプレイヤーが使っているのと同じシグネチャモデルも売っています。日本では(少なくとも東京では)売ってないのでフランスから通販で買う必要があります。

今使ってるマウスピース(Theo Wanne KALI #9)よりもちょっとだけダークなのが欲しいと思っていたので興味があったのですが、フルカスタムだと、何をオーダーすればよいのかよくわからないのと、返送料がかかるので結構なお値段になってしまうこと(だったら日本で普通のマウスピースを試奏して買った方が良さげです)、かと言って、シグネチャーモデルは使ってるプロプレイヤーが知らん人ばっかりだったのでちょっと躊躇してました。

しかし、最近、シグネチャーにChad LB (Lefkowitz-Brown)モデルが追加されました。Chadのパリッとした音は結構好きなのでオーダーしてみました。ややハイバッフル、スモールチェンバー、オープニングは8*です(オープニングは購入時に指定可能)。3Dプリンターで作るので色はピンク、オレンジ、黄色等、どうにでもなるのですが、あまり変な色にするといらなくなってオークションに出すときに値が付きにくいように思えたので、ブルーにしてみした(それでも十分目立ちます)。

DSC_0998.JPG

オーダーして2週間ほどで届きました(送料無料、5,000円ほど追加すると速達扱いにしてくれますがその必要性は薄いと思います)。いかにも、"おフランス"なおしゃれなポーチ付きで届きました。当然ですがプラスチッキーな質感でフランス車の内装のようです。キャップはシリコン製の先っぽにだけはめるタイプです(上の写真には写ってません)。リードが付いてないときのマウスピースのレール保護には難ありな気がします(自分は基本リード付けっぱなしなのであまり関係ないですが)。リガチャーはプラスチック製のそのままはめるタイプでおしゃれですが、リードがずれるので使いにくいです。普通の金属製に取り替えて使ってる人も多いようです。



もちろんChadのように吹けるわけではないですが、同傾向の適度にエッジのある良い音がします。Theo Wanneから完全にスイッチするかはわかりませんが、しばらく使っていこうと思います。
posted by kurikiyo at 16:21| Comment(0) | サックス

2019年06月16日

テナーのトレーニングとしてのアルト(アルトのトレーニングとしてのテナー)

テナーを2本ともメンテに出してしまったので、ここ1週間ほどアルトを吹いています。久しぶりに吹くと新鮮で楽しいです。特にアルトならではのテーマの曲というのがあって、テナーでも吹けないわけではないのですが、音域的にアルト映えする曲がいくつかありますね(下の動画のDewey SquareとかDel Sasserとかがその例)。

また、アルトを吹くことによって高音域における息のスピード維持がテナーより厳しくなるのでテナーの良いトレーニングにもなると思います(そういう意味ではソプラノ、ソプラニーノも同じです)。しばらくアルト練習してテナーに戻るとテナーがうまくなっているような気がします。一方、アルトの人にとっては、テナーを吹くことによって息の量維持のトレーニングになると思います。管楽器の人がたまにメインの楽器以外で練習するのは柔軟性を向上する上で有効でしょう。


アルトのセッティングは、カドソンAS902BSS(お値段以上のすばらしい楽器)、ESM Jazz Heaven #8、Fibcacell #2 です。


posted by kurikiyo at 22:31| Comment(0) | サックス奏法

2019年06月13日

コスパ抜群中華タブTeclast T8

iRealや譜面のPDF閲覧用のタブレットとしてLenovo Yoga Tablet 8をずっと使ってましたが、さすがに動作もっさりが気になってきたので買い換えを検討していました。楽器ケースに入れっぱなしにしているので安物中華Androidタブで十分です。ちょっと前だとHuawei一択だったのですが、今後のサポートがちょっと心配ということで、やたらコスパの良いTeclast T8という製品を買ってみました。

Amazonだと2万くらいですが、中国の通販サイトBanggood.comだと割引き中で14,000円で買えます(送料込み、USBハブのオマケ付き)。おそらく次期モデルがもうすぐ出るのでしょうがまあいいです。注文から10日くらいで届きました。

値段からは想像できない筐体の質感と画面の美しさ、動作もサクサクです。安AndroidタブレットだとAmazon Fireも候補になるのですが、性能的にはTeclastの方が倍くらい高いです(加えて、AmazonはOSが標準Androidでないのも辛いところです)。

ただし、やはりちょっと癖があるようで、NetflixのアプリがPlayストアでは「互換性がない」ということでインストールできません。apkファイルを直接ダウンロードできるサイトからインストールすれば無事インストールできました。Facebookアプリは、何故か接続エラーになってログインできません(データ消去等や再インストしても無理です)。軽量版のFacebook Liteなら問題なく動くので我慢することにします(Facebook Liteは一部フォント表示に問題あるのですがしょうがありません)。

また、GPSは内蔵されていない(位置情報機能はありますがWi-Fiベースの精度が低いものです)のでカーナビやポケGOには使えません。

まあ、iReal、(前回ご紹介した)ボーカル音程モニター、Adobe Acrobat、Kindleは問題なく動くので十分満足です。
posted by kurikiyo at 10:43| Comment(0) | ガジェット